結納品 関東式結納 まごころ五品目 結納セット【毛氈風呂敷無料】【目録代筆無料】【中袋代筆無料】略式結納 豪華オリジナル西陣織 結納 関東式 五品 男性から女性へおすすめNO.1の関東式五品目 ドッグラン 【お昼寝布団】 噴霧器

1.良い種モミ選び

種をまく10日前に準備を始めます 結納品 関東式結納 まごころ五品目 結納セット【毛氈風呂敷無料】【目録代筆無料】【中袋代筆無料】略式結納 豪華オリジナル西陣織 結納 関東式 五品 男性から女性へおすすめNO.1の関東式五品目 ドッグラン 【お昼寝布団】 噴霧器アウトレット定番。
図1のようにバケツに少しだけタマゴが浮くぐらいの塩水を作ります。
用意したモミを塩水に入れ良くかきまぜます。
しずんだモミが大きくて重い「良い種モミ」です。
しずんだ種モミだけをとりだして、水でよく洗ってからバケツ1杯の水に種モミを入れます。
バケツは日光の当たらない室内に10日間くらいおいておきます。水は3日に1度とりかえます。
図4のように種モミから白い芽が1mmくらい出たら、種まきをします。

2.土入れ

図5のように土2に腐葉土1の割合でまぜます。
バケツの底に油粕の固形肥料を2個おきます。
図6のようにバケツのスミに網を立てかけ、用意した土を入れていきます。
図7のようにバケツの半分くらい土を入れたら、その上に化成肥料を10g入れます。
さらに、その上に残りの土を入れ、手のひらでかるく押えながら、バケツの上から7cmくらいの所までつめます。

3.種まき

観察用の穴から静かに水を土の表面スレスレまで入れ、土を湿らせます。
土が湿ったら醤油ちゅるちゅるで少し水を抜き、水の高さが土の表面から10cmくらいの所まで下げます。
バケツのまん中に直径3cmくらいの円を書き、その円の上4ヶ所に種モミをまきます。
バケツのスミ2ヶ所にも予備に種モミをまいておきます。
まいた後は鉛筆で1cmの深さまで押えます。
土をかけないで、1cmの深さに種モミが見えるようにしておきます。
観察用の穴から、静かに種モミの位置スレスレまで水を入れます 結納品 関東式結納 まごころ五品目 結納セット【毛氈風呂敷無料】【目録代筆無料】【中袋代筆無料】略式結納 豪華オリジナル西陣織 結納 関東式 五品 男性から女性へおすすめNO.1の関東式五品目 ドッグラン 【お昼寝布団】 噴霧器アウトレット定番。
まき終わったら、スズメおどし用の白糸を1本張り、まいた日付を書いたラベルを立てて、日当たりのよい場所におきます。

4.種まき後の観察と水やり

まいてからしばらくすると、種モミから白い芽が伸びてきます。
水は観察用の穴から水を入れ、種モミスレスレの位置にしておきます。
白い芽はしだいに緑色にかわり、細長い葉が開いてきます。
芽が出てから20日くらいすると、葉の枚数が2〜3枚になります。
水はもう少ししんぼうして、土表面スレスレにしておきます。
葉の枚数が3枚以上になったら観察用の穴から水を入れます。水の深さは土の表面から2cmにしておきます。
この後はずっと、水の深さを2cmにしておきます 今月激安商品結納品 関東式結納 まごころ五品目 結納セット【毛氈風呂敷無料】【目録代筆無料】【中袋代筆無料】略式結納 豪華オリジナル西陣織 結納 関東式 五品 男性から女性へおすすめNO.1の関東式五品目 ドッグラン 【お昼寝布団】 噴霧器。

5.間引きと草とり

いつまでも苗の数が多すぎると、弱い苗になってしまいます。。そこでガッチリした苗を1本だけ残して、全部ぬいてしまいます。(間引き)
間引きする時期は葉が4枚になったら行ないます。
もし、友達の苗が枯れてしまっていたら、予備の苗を土をつけたままで友達のバケツにうつしかえるようにします。
間引きといっしょに、土やヌルヌルしたアオミドロを取りのぞきます。
図11のようにアオミドロは水をバケツからあふれさせて洗い流すようにして取りのぞきます。
苗の近くの草を抜くときは、ていねいにそっと抜くようにします 。

6.ガスぬきと増し土

温度が高くなってくると、バケツの中に悪いガスがたまってきます 今月激安商品結納品 関東式結納 まごころ五品目 結納セット【毛氈風呂敷無料】【目録代筆無料】【中袋代筆無料】略式結納 豪華オリジナル西陣織 結納 関東式 五品 男性から女性へおすすめNO.1の関東式五品目 ドッグラン 【お昼寝布団】 噴霧器。
図12のように鉛筆くらいの太さで長さ40cmの棒を用意し、苗とバケツの中間くらいをバケツの底まで5ヶ所くらい突いてガスを出してやります。
ガスぬきは6月中旬から7月中旬まで1週間に1回程度のわりあいで続けます。
細かい根が土の表面にたくさん出てくるようになったら、図13のようにバケツのまわりにドーナツ状に土を入れ、根を守ります。
根が土の表面に出ていなくても、1回目の穂肥のすぐ後ぐらいに土をいれるとよいでしょう。。